習い事

赤ちゃんの習い事はいつから?時期にこだわらず赤ちゃんの成長に合わせて考えよう

0歳から始められる習い事は年々増えていて、お誕生日の近い赤ちゃんが習い事を始めたと聞くと「うちもやらなくちゃ!」と、気持ちが焦ってしまうものです。

赤ちゃんの習い事はいつから始めるのが良いの?

と、頭を悩ませるママ達も多いですが、習い事の正解のタイミングというのは、実はありません。

というのも、赤ちゃんの発達スピードはさまざまで、3歳くらいになるまでは、「出来る事と出来ない事」の個人差がすごく大きいのです。

ですから、「同じ月に生まれた赤ちゃんが習い事を始めたから、うちもやってみよう」と張り切って習い事を申し込んだママが、レッスンを進めるうちに自分の赤ちゃんだけ他の赤ちゃんより遅れているように感じて落ち込んでしまう事も少なくありません。

「みんなが出来ているのに出来ない」とか、「みんなはお利口にレッスンを受けているのにうちの子だけ泣いてばかり…」などと、早すぎる赤ちゃんの習い事がママの悩みの種になってしまうこともあるのです。

赤ちゃんに習い事をさせるメリットとデメリット

0歳の赤ちゃんに習い事をさせる時、多くの親御さんは「発達が良くなったり、頭の良い子供に育つかもしれない」と期待をして始めるケースが多いです。

実際に赤ちゃん向けの習い事には右脳教育になるとか、天才児に育つとか、そういった売り文句で勧誘している教室もありますよね。

でも、赤ちゃんに習い事をさせて発達が良くなるというメリットに医学的根拠はありませんし、早い段階で習い事をしたから頭が良くなると言うデータもありません。

赤ちゃんに右脳教育をしても将来の成績には繋がらない

確かに、数字や文字、英語など、みんながまだ習っていないうちから始めれば、スタートが違う分、他の子に比べて知っている事や出来る事が格段に違いますよね。

その効果で最初のうちは他の子と比べて「頭の良い子」に見えます。

しかし、それも小学校中学年くらいまでで、小学4年生くらいになれば、他の子供との差は完全に埋まってしまい、その時の頑張りが成績に響くようになります。

もちろん大きくなっても成績の良い子供もいますが、ほとんどの子供は他の子と変わらないくらいのレベルに落ち着いてしまうのが現状です。

つまり、赤ちゃんの内から右脳教育をしていてもしていなくても、将来の学力にはほとんど影響が無い。ということが言えるのです。

赤ちゃんの習い事の本当のメリットとは

赤ちゃんの習い事のメリットは発達や知能を良くする事ではなく、孤独になりがちな赤ちゃん育児の中で、ママがストレスを発散する機会が出来る、という事に尽きます。

1人で赤ちゃんと向き合っていると気持ちの余裕が無くなってしまいますが、同じくらいの月齢の赤ちゃんがいるママ達と交流する事で、気持ちをリフレッシュすることができるのです。

ですから、「赤ちゃんと一緒に気分転換をしたい」と思っているママは積極的に習い事をすることがメリットになりますし、「特に外に出たいとは思わない、今は他のママと交流したい気持ちはない」というママなら、無理に習い事を始める必要はありません。

家にいながら始められる赤ちゃんの習い事もある

赤ちゃんの習い事の目的が他の親子とのコミュニケーションではなく、何か親子で新しい事を始めてみたいなという気持ちなら、ベネッセの『こどもちゃれんじ』のような通信教育の習い事を始めて見るのも良いのではないでしょうか。

通信教育であれば寒い冬や猛暑の夏に外に出なくても良いですし、ママの体調が悪い時でも家の中でゆっくりと取り組めます。

毎月自動的に教材が届くため、「次は何かな?」と、赤ちゃんと一緒に盛り上がれるのも良いですね。

月齢に合わせた知育玩具ははじめての赤ちゃんだと分からない事も多いですが、専門家が最適のものを選んで提供してくれるのは安心感があります。

「こどもちゃれんじ」は無料教材があるので、興味のある人は公式サイトをチェックしてみて下さいね。

無料で始められる赤ちゃんの習い事

まだ幼い赤ちゃんに習い事をさせようと思うと、連れて行くお母さんの負担も大きいですし、お金も結構かかりますよね。

ですから、赤ちゃんのうちは本格的な習い事はせずに、無料で参加できる地域の子育てサロンを利用するのがおすすめです。

子育てサロンなら自治体などが運営していて安心感がありますし、料金がかからず当日参加が出来るイベントが多い事も、赤ちゃんのママにはメリットになりますね。


無料で参加できる子育てサロンとは?

「子育てサロン」とは、地域の社会福祉協議会が運営する子育て支援サービスで、未就学児と保護者を対象にしたさまざまなイベントを開いています。

手遊びや絵本の読み聞かせ、親子体操、自由遊びなど、地域の親子のふれあいの場として機能しており、高齢者のボランティアが劇やコーラスを披露することもあります。

内容は地域によって違いますが、子育てサロンは月に1回程度開かれていますので、市の広報誌などでチェックをして親子で参加してみてください。

小学校に入ってしまうと無料で親子で楽しめるイベントというのは少なくなってしまうので、赤ちゃんのうちに色々と顔を出して積極的に参加しておくと良い思い出になりますね。

赤ちゃんにおすすめの習い事は親子で楽しめる習い事

赤ちゃんが順調に成長して「何かやらせてみたいな」と、習い事を検討する時には、親子で楽しめる習い事を選ぶようにしましょう。

雑誌やテレビの情報や口コミに踊らされず、自分たち親子が本当に楽しめると思ったものにチャレンジすると続けやすいです。

赤ちゃんの習い事を始めてみたけど1年経たないうちにやめてしまった…という親子は本当に多くて、話を聞くと、「よく考えず楽しそうだから入会してしまった」というママがほとんどです。

それでも良い思い出になったなら良いですが、中にはグループレッスンのママ友と合わなくて嫌な思いをしたという人も。

自分の性格に合わない習い事を始めてしまうと赤ちゃんにもストレスになりますから、まずはママが楽しめて、赤ちゃんの性格にも合っていると思えるものを選ぶ事が大切です。

子どもの習い事にかかる費用の平均額|どれくらいの金額におさえるのが理想的? 子どもがある程度大きくなると「何か習い事でもさせてみようかな」と考える親御さんは多いですよね。 ピアノにスイミング、リトミックにそろば...