虐待問題

子供を虐待する親の7つの特徴|なぜ虐待が起こるのか?原因を解説

f:id:muhuhu:20180719181241j:plain

子供を育てるのは喜びも大きいですが、それ以上に大変なこともたくさんあるものです。

「子育てに疲れた」「子供といるのがしんどい」などと、親なら1度は感じるものですが、それでも、みんなが我が子を虐待しているわけではありません

同じように育児で大変な思いをしているのに、どうして親によって虐待するかしないかの差が出るのでしょうか?

それは、親に虐待傾向があるかどうかの違いにあるのです。

こちらの記事では、子供を虐待する親の特徴をまとめました。

「悲惨な虐待事件はなぜ繰り返されるのか?」

原因を知ることで、虐待の根本的な問題点が明るみになり、虐待防止にも繋がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

子供を虐待する親の7つの特徴

1.生活が困窮していて貧しい

虐待事件で逮捕された親の周辺状況を見ると、ほとんどのケースで生活が困窮しています。

第三者から見て「貧しい暮らしをしているな」と感じられる家庭が多く、「お金が無くて生活に余裕がない」ということが、育児ストレスに拍車をかけていると考えられます。

困窮している子育て世帯に対しては行政から様々な支援がありますが、自分から調べたり申請をしたりせずに放置している家庭も多いです。

助けを求めるべき状況でもその手段が分からず、具体的な対処法を考えることが苦手というのが、虐待する親に共通する傾向です。

2.離婚経験があり連れ子がいる

どちらかの親が子供を連れて離婚をしたあと、その連れ子を交際相手や新しい夫(妻)と一緒に虐待するケースはとても多いです。

新しい夫(妻)からみると連れ子は他人のため、母親(父親)に頼る姿に嫉妬をしたり、新しい2人の子供が生まれると連れ子を疎ましがったりして、家庭内の攻撃対象にするのです。

なぜ連れ子が虐待されやすいのかといえば、家庭内に自分達よりも下の存在を作って優劣をつけることで満足感を得たり、色々なストレスのはけ口に使いたいという身勝手な考えがあります。

3.人付き合いが苦手

虐待する親は、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、近所付き合いなどは極力避けようとします。

そのため、子供が外で誰かに可愛がられたり褒められたりすることも嫌います。

虐待している子供のことを気付かれないために、世間から距離を置いている親も多く、それがまた子供の命に関わるような深刻なケースに繋がることがあります。

4.自己中心的な考え方しか出来ない

子供を虐待する親は、その虐待行為に依存をして甘えている傾向があります。

「自分がこんなにつらいのだから、これくらいは許されるはずだ」と心の中で言い訳をしますが、虐待された子供の痛みや悲しみを思いやることができません。

全てのことを自分中心でしか考えられず、客観性に乏しいのも特徴です。

5.被害者意識を持っている

子供への虐待行為をやめない親の多くは被害者意識を持っています。

自分に起きた悪い出来事に対しては「どうして自分が」「私は悪くないのに」と相手に腹を立てることはありますが、自分自身の過ちに気付いたり、反省をすることはありません。

自分の現在の境遇は自らが招いたものですが、常に被害者意識を持って「自分は悪くない」と感じている人も多いです。

6.何でも言い合える友達がいない

虐待する親のほとんどは何でも言い合えるような友達がいません。相談相手がいないからこそ、虐待をしてしまうのです。

先ほども書きましたが、基本的に人付き合いが苦手という性格の人が多いですから、もともと友達を作りにくいです。

コミュニケーションが苦手な人ほど、何か伝えたい時に激しい行動をとりがちです。

それが子供に向かった時、ひどい暴力やきつい言葉になってしまい、小さな子供には耐えられないほどの大きな傷を与えてしまうこともあるでしょう。

7.自分も虐待を受けた経験がある

子供の頃に虐待を受けた親が、さらに我が子に対して虐待を繰り返すこともあります。

自分が苦しんだ経験を子供に押しつけるのは矛盾していますが、精神的なトラウマが影響して虐待をしてしまうこともあるのです。

幼少期に親から暴力を振るわれたり言葉で傷つけられて育つと、心の傷は大人になっても癒えることはありません。

虐待の連鎖を断ち切るためには、虐待をしそうになった時に自ら行動を起こし、カウンセリングを受けたり精神科医を受診することが大切です。

虐待をする親は「しつけが苦手な親」である

ここまで、虐待する親の特徴を簡単にまとめましたが、読んでもらうと分かるのは、子供を虐待する親というのは通常の人付き合いであっても難しい人が多いということです。

つまり、人とうまくコミュニケーションがとれない、人の気持ちを慮ることができない、そういう人が子供への虐待行為をする傾向があるのです。

もちろん例外もありますが、子供への虐待で逮捕されている親のほとんどにはそうした特徴があることが分かると思います。

言葉でうまく説明できない、上手に育児ができない、そう感じた時に手を出してしまう親もいるでしょう。

それを「しつけ」だと主張する親もいますが、言葉で伝わらないから手を出すなんて、あまりにも幼稚ですよね。

子供に良いことと悪いことの分別を教えてしつけをするためには、自分自身が分別のついた大人でなくてはいけません。

いつまでたっても精神年齢が幼く、大人になりきれない人が親になった時、虐待が始まってしまうのではないでしょうか。