▷子供が悩んでいる時に親がするべき7つのこと

リトミックとは?リトミック教室のレッスン内容と通わせるメリットを解説します

娘は5歳の保育園児で、1年半前からリトミック教室に通っています。

赤ちゃんの頃から音楽がすごく好きなようで、家で音楽をかけると嬉しそうに身体を動かすことがあったので、リトミックが合っているのかもと感じていました。

リトミックについては「何をする教室なのか分かりにくい」「通うメリットがあれば教えて欲しい」と言われることがよくあります。

こちらの記事では、子供をリトミックに1年半通わせている私が、リトミック教室で子供が何を学ぶのか、教育内容や毎月の受講料や教材費を詳しくまとめました。

小さなお子さんには特におすすめの習い事になりますので、ぜひ読んでみて下さいね。

リトミックとは?簡単に言えば…

リトミックとは、簡単に言うと「音楽を流しながら様々な活動をする習い事」です。

教室によって違いはあると思いますが、基本的には音楽を聞くことを基礎としながら、その中で自分を表現したり、お友達の動きや声に耳を傾けたり…。

何かの枠にとらわれず、楽しいことをたくさん経験している感じがします。

普通、習い事といえば年齢に合わせて学ぶことや範囲が決められているのですが、リトミックはあまりそうした細かい決まりは無いです。

楽しい時間の中で豊かな心を育んでいくことが目的で、何かを出来るようになったり、達成する為にやっているのではなくて、これから大きくなったときの為に心の中に土台を作っているような感じですね。

子供にリトミックを習わせたきっかけ

私も夫も運動が苦手だったので、子供も同じように運動オンチになるのではないかと心配していました。

なので、好きなことで楽しくリズム感を身につけられれば、運動神経も良くなるかなという期待があったのです。

リトミックは情操教育や音感教育に効果があると言う話もよく聞きます。

また、小さい頃から身体の上手な使い方が出来るようになれば、小学校に入ってからも役立ちそうと感じました。

習う前は「心を育む」というのがリトミックの目的とは知らなくて、ただ「運動神経やリズム感を養って欲しい」という気持ちが大きかったです。

リトミック教室のレッスン内容

娘が通っているリトミック教室では、音楽を流しながら、それにあわせて打楽器でリズムを打ったり、お絵描きで気持ちを表現したり、思いついた動きでダンスしたり…。

自分の内面を出して表現力を養うようなカリキュラムがすすめられています。

音楽の中でお友達と自由に遊ぶ時間もあり、リラックスしながら音感やリズム感を吸収できるように考えられているのだと思います。

もう少し小さいお子さんだとママやパパと一緒にレッスンを受けますが、うちの子は4歳からだったので子どもだけのクラスでした。

はじめての習い事だったので「1人で大丈夫かしら」と少し心配でしたが、クラスのレッスン内容については先生が定期的に説明して下さいますし、子どもからリトミックで習ったことを教えてもらうこともあります。

最近では、楽譜を読んだり楽器を使った演奏もしています。

年齢に合わせてどんどんレベルアップするのだなと思いました。

リトミック教室の月謝と教材費

私の子供のリトミック教室の月謝は4000円です。

近所の体操教室が6000円なので、身体を動かしながら音楽の知識も得られることを考えると安いような気がします。

ただ、何かはっきりとしたワザとかが出来るようになるわけではないので、続けているうちに物足りなくなって、いつの間にかやめてしまう子供も時々います。

教育熱心なママだと、リトミックは遊びの延長だと考えて、「長くても年中さんくらいまでよね」と言われたこともあります。

娘は小学校までは続けたいと言っていますね。

月謝以外には、教材費やCD代で年間5000円くらいが集金されます。

リトミックを習わせて感じた効果

娘は人見知りが激しく、引っ込み思案の性格でした。

でも、リトミック教室に通いはじめてからは、知らない人に物怖じすることも減り、保育園の発表会でも堂々と演技できるようになっています。

もともと好きだった歌も、より表現豊かに歌えるようになっていますし、舞台に立つことが好きになったように思います。

リトミック教室の中で友達もできましたし、挨拶やお片づけも教室でみんなで覚えることで自然に身に付けることができました。

リトミックは音楽やダンスだけのものだと思っていましたが、通わせてみて、協調性や社会性についても教えていただけているように感じます。

リトミック教室に向いている子供は?

リトミックは他の習い事のように何かを目指してひたむきに頑張ったり、何かを習得するためのレッスンではありません。

ですから、難易度もかなり低いですし、のんびりした性格の子供には特に向いていると感じます。

みんなが楽しく時間を過ごす中で自然に成長出来るので、同じクラスの子供とも仲良くなりやすいです。

娘は赤ちゃんのころはお出かけの度に機嫌が悪くなったり、知らない人がいると泣いたりで、「このままだとどうしよう」と不安になることも多かったのです。

でも、リトミックで自分を表現することを身につけてからは、嫌なことを伝えるのが上手になって、その分ぐずったり泣いたりすることも減りました。

ですから私の娘のように人見知りがあったり感受性が強くて子育てが大変なお子さんにも、リトミックはおすすめだと思います。

幼児向け英会話教室のメリットとデメリット|未就学児に英語学習が必要な理由