▷パパとママの子育て体験談

子供の教育費を優先したい時の節約術|子供の為に家計をやりくりする方法

教育費と貯金通帳

教育費と貯金通帳

子供が小さい頃は手が掛かり目も離せませんでしたが、だんだん成長して大きくなるにつれ、今度は手が掛からなくなる分、代わりにお金が掛かるようになってきます。

とはいえ、まだ子供が幼いうちは、教育費がそれだけ掛かるのか想像がつかないもの。

それがだんだんと成長して塾や進学で教育費が掛かりはじめると、「このお金はどこから捻出すればいいの?」と途方に暮れてしまうこともありますよね。

教育費のかけ過ぎは良くないけれど、子供の将来の為にできるかぎりのことはしてあげたいと思う時に、どうやって高額な教育費を作れば良いのか紹介していきます。

子供の教育費が家計を圧迫する

子供の教育費は習い事や塾、進学費用などで大きく掛かります。

中学生に上がると塾代も値上がりしますし、学年が上がると、通常の授業代に加えて夏期講習や冬期講習などで費用が加算されて毎月の塾代が確実に家計を圧迫します。

我が家の場合は無理をしながらなんとか塾代を払っていましたが、「家計が苦しいから塾をやめさせようかな…」と感じることも。

でも、これは子供の将来の為なので、高校受験が終われば塾からも解放されると頑張って塾へ通わせました。

そして無事高校受験も終わり、高校合格したので安心したのですが、今度は入学する為の制服や体操服、自転車など諸々の費用が掛かりました。

諸々の費用は10万位かなと思っていたら倍の20万も掛かり、言葉が出なかったです。色々な所からかき集めていました。

高校入学してからも部活へ入部したら、子供は弓道部へ入部したので弓道着などを揃えるのでまた費用が掛かります。

毎月の学費に加えて先の見えない教育費、ますます家計は圧迫し、毎月家計管理をしているので逃げ出したくなります。

中学生からはスマホを持たせたので、これまでに支払ったスマホ代はたくさんかかっています。

部活で帰りも遅くなるので、帰ってご飯を食べて風呂に入って宿題をしてたら寝る時間も遅くなるので、電気代も掛かってきますよね。

子供にかかるお金を数え上げると、本当に驚くほど大きな金額が掛かるものなのです。

教育費を捻出する為に節約する方法

子供がまだ学生でお金が掛かるお家だと、こまめに電気を消したり、食費を減らすなどの節約はしている事もあるかもしれません。

しかし、こまめに電気消すなどの変動費はあまり節約にはなりません。

食費も削りすぎて育ちざかりの子供に満足な食事を食べさせてあげれないのはいけません。

そのようなこまかい事ではなく、手を付けるべきものは住宅関連費用や保険料、自動車や通信費です。

家計で大きな負担を占めるのは固定費ですよね。教育費もありますが、子供の将来に関わる大事な投資なので、よほどの事がない限りは削る項目ではありません。減らすのは四大固定費です。

2台目の自動車は本当に必要?

車を所有しているとガソリン、自動車保険、車検、車の税金など、維持費が掛かります。

最近はお父さんお母さんで1台ずつ車を持っているお家も多いですが、所有しているだけでかかるお金を考えると、1年間で大きな金額になります。

子供の教育費が掛かる今、本当に車が2台必要かを考えてみて、台数を見直すか、所有し続けるならグレードを落とすなどしてもいいかもしれませんね。

住宅ローンを見直す

住宅ローンは2本借りて、教育費との合計額をならす方法もあります。

子供が居る世帯で住宅を購入する場合は、ローン返済だけでなく、教育費用も合わせた長期的な出費を把握して対策を立てたいですよね。

例えば子供が二人以上いる場合は、1本の住宅ローンは末子の高校入学前に完済する予定で15年の借り入れをして、もう1本は30年間借り入れる。

最初の15年は2本のローンを抱えて毎月の返済が大変だけど、片方の子供が中学生まで公立学校なら、教育費は抑えられます。

一方で、子供2人の高校や大学の入学金や学費が掛かる教育費の負担が終わる頃には住宅ローンの返済が半分も終わっています。

ですから、それ以降は教育費の支払いを重点的にしていけるのです。

生命保険は最小限に抑える

もしものために備えるのが生命保険ですが、高額な生命保険を掛けることによって、家計を圧迫していては日々の生活も楽しくありませんよね。

安心な状態を保ったまま保険料を抑えましょう。保証額は右肩下がりで設定します。

稼ぎ手の死亡に備える場合は、通常の定期保険よりもさらに保険料を抑えられるのが収入保障保険です。

これは、加入者の死亡時以降に毎月一定額を年金形式で支払われるタイプの死亡保障のことで、保険期間を60歳までに設定したけど40歳で死亡すれば20年間年金がでるが、50歳で死亡したら10年間です。

毎年右肩下がりで支払われる保険金の総額は減っていきます。このため、いつ亡くなっても同額の保険金が支払われる定期保険と比べて保険料が焼く半分におさえられますよ。

また、手続きをすれば、年金形式ではなくて一括で受け取ることができます。

家庭の通信費を節約する

通信費は4人家族なら月に2~3万ものお金が必要になります。ですが、最新のサービスを利用すれば削れますよ。

通信費として必要なのはWi-Fiや光ファイバーなどの固定回線の料金です。

月に3000~7000円程度掛かるのでこれを解約できたら大きな節約になりますよね。でも、家でパソコンを使いたい時はどうすればいいのでしょう。

最新のスマートフォンはデザリングという機能が使える事が多いです。

これはスマホをモバイルルーターのように使い、スマホのデータ通信機能を拝借してパソコンをインターネットに繋げる方法です。

動画のような大容量のデータを使わない場合は、スマホのデザリングでも充分に通信量がまかなえます。

教育費がかかるのは一定期間だけ

教育費の計算

子供の教育費が掛かるのは親であれば分かっていますが、それが原因で家計を圧迫するのはいけませんよね。

ただ、教育費は子供が中学から大学までの期間が一番かかってきて、それ以降、社会人になれば必要の無い期間限定のお金です。

子供の為にも教育費をかけられるうちはかけてあげて、その分、家計を見直して節約するというのがベストではないでしょうか。

通信費や住宅ローン、生命保険など毎月の固定費の削減が一番有効な方法なのと、面倒な手続きも一度してしまえばその後は続けて節約ができますよ。

子供の養育費はいつまでも掛かるものではありませんので、楽しく節約して乗り切ってくださいね。

大変なのはきっと今だけなので、様々な方法を試して乗り越えて下さい。

https://www.kosodate-chiebukuro.com/entry/jhs-syukin