お受験対策

【教育費】公立中学校と私立中学校の学費を比較|1年間の学費の差額は80万円以上も!

f:id:muhuhu:20180318155911j:plain

さまざまな特色と魅力のある私立中学校ですが、心配になるのは費用の問題ですよね。

いくら良い中学校でも学費の金額が高すぎると、家計の負担が大きくて通わせるのが大変になってしまいます。

今回は文部科学省が公表している資料をもとに、公立中学校と私立中学校の学費の違いをまとめました。

中学受験に向けて頑張っているお子さんをお持ちの親御さんは、ぜひチェックしておいてくださいね。

公立中学校と私立中学校の費用の違いとは?

公立中学校は基本的に授業料が無料になっていますので、私立中学校に比べると費用面で安くなるのは当然のことです。

親としては家計の負担を考えると公立中学校の方が良いかも知れないですが、やはり魅力のある私立中学校があると、「入学させたい」という気持ちになりますよね。

子ども本人が希望していたらなおさら、「費用面の心配はあるけれど、なんとかして通わせてあげたい」と感じるものです。

とはいえ、子どもへの愛情だけで無計画に入学させると、あとあとお金の心配が大きくならないとも限りません。

入学を考える前に、

本当にお金の心配は無いか、在学中に家計が苦しくなることはないか…

など、しっかり確認しておく必要があります。

ここから紹介する「私立中学校と公立中学校の学費の違い」をチェックしてもらって、今の収入で充分に負担できる金額なのかを考えてみて下さいね。

私立と公立「学校教育費」の比較

中学校の学費の中から、まず最初に比較するのは学校教育費です。

学校教育費はまさに「学校の授業にかかるお金」ですから、私立中学校と公立中学校を比較した時に一番大きな差が出る区分になります。

学校教育費

  • 私立中学校 997,436円
  • 公立中学校 133,640円

私立中学校では1人あたり年に100万円近い金額が学校教育費として徴収される一方で、公立中学校の場合は約13万円しかかかっていないことは、ちょっと驚いてしまいますね。

私立中学校の学校教育費のうち、授業料は425,251円です。

公立ではかからない「授業料」を差し引いても、他にも50万円以上の学校教育費がかかる…

ということで、やはり私立の方は何かとお金がかかるんだなという印象を受けます。

私立中学校は学校給食費がかからない?

公立中学校と私立中学校の集金の比較で、唯一、公立の方が高く設定されているのが「学校給食費」です。

公立中学校では平均で年43,730円が徴収される給食費は、私立では0円という学校がほとんど。

平均額としては8,566円という金額になっています。

この理由には、私立中学校のほとんどが給食を実施していないことがあります。

最近では共働き世帯への配慮で給食を実施する学校も増えているものの、それはすごく少数。

ですから、私立中学校にお子さんを通わせる時は、お弁当を持たせるか学校内の食堂を利用させるかになることがほとんどでしょう。

学校に払う給食費はかからないけれど、食堂でのランチ代や弁当を作るための食事代はかかることになり、結局は費用面で考えれば、やはり私立の方が負担が大きいですね。

私立と公立の全体の支払額の比較

中学校の集金には、ここまでに紹介した「学校教育費」「学校給食費」がありますが、親が負担する教育費としては習い事や塾などにかかる「学校外活動費」というお金もかかります。

そちらは私立で約32万円公立で約30万円と、そこまで大きな違いはありませんね。

私立でも公立でも、家庭で塾や習い事にかける金額はそれほど違わないのかも知れません。

学校教育費と学校給食費で中学校から集金されるお金、その全てを合わせた平均額で私立と公立を比較すると、このようになります。

私立中学と公立中学の1年間の学費の違い

  • 公立中学校 177,370円
  • 私立中学校 1,006,001円

その差額は828,631円と、かなり大きな金額になりました。

もちろんこの金額以外に制服代や学用品代、通学のための交通費などもかかりますから、私立公立の中学校にかかるお金の違いは100万円以上になるのではないでしょうか。

これは1年分の比較なので、3年間通った時の総額で計算すると…想像以上に教育費の差は大きいですね。

「6年間」として考えておく必要がある

私立中学校のほとんどは中高一貫の学校ですから、入学する時には中高合わせて6年間通う予定になりますよね。

ですから、こうした経済的な負担が6年間続き、そのあと大学受験が控えているということは、親としてしっかり考えていた方が良いと思います。

子ども1人にあてられる教育費は家庭によって差がありますし、無理をして背伸びをすると、あとあと苦しむことになるかも知れません。

今は収入が安定している家庭でも、親が病気やケガなどで収入が減る可能性もゼロではありませんから、子どもを私立中学に入学させる時は充分な備えをしておくことが大切なのではないでしょうか。

大学への進学には奨学金制度もありますが、奨学金で借りたお金の返済が、子どもの将来に影を落とすこともあるようです。

そういったことも考慮して、進学先は慎重に選んだ方が良いのかも知れません。

私立高校にかかる費用については、こちらの記事でまとめていますので、よかったら参考にして下さいね。