子育てとお金

【こんなに違う!】公立高校と私立高校にかかるお金|学費に数百万円の差が…

f:id:muhuhu:20180301145716j:plain

こんにちは☺️育児カウンセラーのmihokoです。

子どもが公立高校へ行くか私立高校へ行くかで、親の経済的な負担は大きく違ってきますよね。

平成26年度からは、公立私立どちらの高校でも収入に合わせて授業料の減免が受けられるようになりましたが、それでも通うだけでかかる学費は結構な金額になります。

今回は「公立高校と私立高校にかかる学費」を、文部科学省の資料をもとに比較しました。

高校受験を控えるお子さんを持つ親御さんはぜひ参考にしてみて下さいね。

公立高校と私立高校の学費の違い

公立(こうりつ)と私立(しりつ・わたくしりつ)の違いは、高校を運営しているのはどこか?という違いになります。

公立高校は地方自治体が運営しているため、受験料や入学金が一律で決められており、運営に税金が使われていることもあって生徒側が支払う学費が安いという特長があります。

一方で、私立高校は個人や団体が運営しており、学費については学校側が独自に決めるので、公立に比べると高く設定されています。

受験料と入学金

▽公立高校

  • 受験料 2,200円(福岡と佐賀は2,100円)
  • 入学金 5,650円(鳥取、福岡、佐賀、長崎は5,550円)

▽私立高校

  • 受験料 約1万円〜
  • 入学金 15万円〜25万円(平均)

公立高校の受験料は2,200円(福岡県と佐賀県は2,100円)と決まっています。

私立高校では受験料が約1万円からですので、公立の方がかなり安いです。

入学金は、公立高校が5,650円(鳥取県、福岡県、佐賀県、長崎県は 5,550 円)で、私立高校が平均15~25万円ということで、こちらも大きな差がありますね。

授業料の違い

平成26年4月から、公立私立を問わず高校の授業料が免除されるようになりました。

世帯の収入が大体900万円以下の家庭であれば、高校の授業料は国から高校に支払われることになります。

詳しくは、こちらの文部科学省のサイトで確認できます。

高校で授業料を払わなくて良いのは助かりますが、授業料以外にもかかるお金はたくさんあります。

学校教育費として授業料以外に支払う金額も、公立と私立で大きな違いがあります。

▽学校教育費

  • 公立高校 約69.3万円
  • 私立高校 平均216.7万円

3年間だと100万円以上の差になっていて、「いくら授業料が免除されても私立はかなりお金がかかるんだな」と感じますね。

この他にも、施設整備費などの名目で請求されるお金も…

▽施設整備費など

  • 公立高校 平均46.7万円
  • 私立高校 平均73.4万円

公立と私立には約200万円の違いが!

高校入学から卒業までにかかる金額を公立と私立で比較すると、合計で約200万円の違いがあります。

▽高校3年間にかかるお金

  • 公立高校 約120万円
  • 私立高校 約310万円(平均額)

子どもにかかる教育費は高校で終わりではなく、このあとに大学が待っていると思うと、やっぱり「私立より公立に入って欲しい」というのが親の本音かも知れませんね。

教育内容や校風に惹かれて私立高校を選ぶ場合は別ですが、学力が足りなくて私立しか入れないという事態にならないよう、普段から学力はしっかりつけさせておきたいところです。