子育てとお金

児童手当を使わない貯金方法|コツコツ積み立てて教育資金にしよう

f:id:muhuhu:20180401171451j:plain

子どもの教育資金、貯めなくてはいけないと分かっていても、生活費から積み立てるのは大変…。

そんな時は、毎月の生活費から教育資金の積み立てをせずに、児童手当を使わず貯めていくことで教育資金をまかないましょう。

「そうは言っても、児童手当だけで教育資金が足りるの?」という疑問があると思いますが、0歳から支給される児童手当は、きちんと貯めればそれなりの金額になるのです。

こちらの記事では、児童手当を使わずに貯め続ければいくらになって、子どもの教育資金として充分な金額になるのか?という疑問を解消するとともに、子育て中のお金の貯め方も詳しく解説していきます。

児童手当を貯めたらいくらになるの?

子供の誕生とともに支給される児童手当の金額は、月に15,000円。3歳から中学生までは、月10,000円となります。

その児童手当を口座から引き出さずに、全て教育資金として自動的に積み立てた場合、いくらくらいになるのでしょうか。

さっそく計算してみました。

児童手当を積み立てれば約200万円の教育費になる!

f:id:muhuhu:20180512152929p:plain

子どもが0歳から支給される児童手当は、3歳になるまでの3年間で54万円貯まります。そして、3歳から中学3年生になるまでには144万円が貯まるのです。

その2つを合計すると、児童手当で積み立てられる金額は198万円!

ということで、児童手当の支給が終わる中学卒業時には約200万円の教育資金が貯まっていることになります。

この約200万円を利用すれば、国公立大の学費合計が約250万円なので、子どもの大学の授業料部分がほぼまかなえることになります

ただ私立大学に進学する場合、国公立大学のように児童手当で貯めた約200万円では足りません。

例えば、私立大学の文系の場合、4年間で約420万円が必要というデータも。

私立大学の学費はそれぞれ違いがあるものの、やはり400万円以上はかかると考えて準備しておかなくてはいけないでしょう。

ですから、お子さんが私立大学に進学される時には、児童手当の積み立て約200万円に合わせて、それとは別に200万円の教育資金を積み立てしておく必要があります。

児童手当と合計して400万円を貯めるには?

子どもが私立大学に進む時には児童手当の積み立てだけでは足りませんし、たとえ国公立に進んだとしても、予定外にかかる教育費はばかにならないものです。

突然、「教育費として◯◯万円が必要」となった時に焦らないために、できれば、児童手当とは別の貯金で教育資金を用意しておくと安心ですね。

児童手当の積み立てで約200万円の教育資金を作って、それとは別に200万円を貯めるためには、短期間でかき集めるというわけにもいかないですので、早目に貯め始める必要があります。

例えば子供が誕生してから毎月コツコツ10,000円を積み立てることができれば、18歳になるまでに合計で216万円が積み立てできます。

それを児童手当の積立金と合わせると、約400万円ですから、これだと私立大学の学費に手が届きますね。

もうすでに子どもが大きくなってるという人も諦めずに、今からでも月に1万円貯められれば、例えば10歳からの8年間でも96万円が貯められますよ。

子育て中にお金を貯めるポイントは?

子どもが小学校中学校になると塾に行き始める子どもも増えますよね。そうすると、「出費が大きくてなかなかお金が残らない」と悩むお母さんも多くなります。

確かに、中学生になると塾の月謝が跳ね上がりますが、小学生のうちはそれほどでも無いので、貯めるなら小学生の6年間がチャンスかも知れません。

公立小学校の場合、平均的な塾や習い事の学校外活動なら、教育費は多くても毎月3万円で大丈夫です。

もっと節約したいという時には、塾や習い事をやめて通信教育に切り替えることで、教育費はぐんと抑えられます。

人気の通信教育の月謝はこちらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

www.kosodate-chiebukuro.com

外食費やレジャー費を見直して教育資金に

f:id:muhuhu:20180509133900p:plain

子育て中はお金が貯まらないと思い込んでいるお家でありがちなのが、なんとなくの外食費や無計画なレジャーで散財するパターンです。

週末は子供の習い事などでお出かけをしたついでに、ランチや夕食の外食が頻繁になりますが、子どもは成長すれば食べる量も増えて、お財布が追い付かないこともあるのではないでしょうか。

また、どれくらいお金がかかるかを計算しない「行き当たりばったりのレジャー費」は、積み重なると結構な出費に。

家族の楽しみとしてレジャーにお金を使うのはもちろん素敵なことですが、毎週のように高額なチケット代がかかるようなアミューズメントパークに行ってしまうと、お金がいくらあっても足りませんよね。

また、出掛けた先で何にどれだけお金を使うかを計画していないと、思っていた以上にお金がかかってお財布が空になってしまうことも。

同じお出かけでも、なるべくお金のかからない自然公園や山登りなどに出掛けた方が、親子の絆も深まって節約にもなるもの。

子どもは中学生、高校生くらいになると親と過ごす時間が減っていきますから、小学生のうちは一緒にたっぷり楽しい時間を過ごして、それ以降は財布の紐を引き締めて節約すると決めてしまうのも良いかも知れませんね。

子どもの教育費には優先順位をつけて

収入が多い家庭だと、幼児教育や英語でのアクティビティー、食育も兼ねたおいしいレストランでのお食事、お受験に留学など…

子供にかける教育費が「聖域」になってしまい、お父さんお母さんの理想に合わせて、歯止め無くお金を使ってしまいがちです。

しかし、行政による子育て支援制度は所得制限があるものがほとんど。

子供1人の場合、児童手当は年収約833万円以上になると月5000円に減額されますし、奨学金や国の教育ローンも親が高収入では借りられません

その場合、もしも子供の教育資金を貯めていなくて「お金が足りなくて大学に行かせられない!」となった時には、金利が高めの銀行ローンしか残されていないのです

共働き家庭だと2人分の給料で収入が多く感じますが、どちらかが病気などで働けなくなった時、一気に生活費が半減するという怖さもあります。

そんな時でも子どもの教育資金のための積み立てをあらかじめ用意できていれば安心ですが、何もしていなかったら、 これまでは余裕のある生活だったはずが、子どもを大学にも行かせられない事態にもなりかねないのです。

そう考えると、やはり早目に教育資金をコツコツ積み立てておくことが本当に大切なことだと思います。

こちらの記事もどうぞ

www.kosodate-chiebukuro.com