▷子供が悩んでいる時に親がするべき7つのこと

中学生におすすめの通信教育|受験・定期テスト対策に効果が高い通信教材まとめ

中学生になると塾に通い始める子供がぐんと増えますが、塾は中学生になると月謝がかなり高くなりますし、夜の時間帯に子供を外に出すのも不安ですよね。

子供の成績は気になるけど、塾に行かせるのも心配…という親御さんに人気が高いのが「中学生向けの通信教育」です。

通信教育なら家の中で学習できるので防犯面のリスクがなく、毎月の受講料も塾に比べれば半額以下におさえられて家計に優しいのです。

また、昔に比べれば教材自体の質が格段に向上していて、塾に比べても全く遜色はありません。

こちらの記事では中学生に人気のおすすめ通信教育をまとめました。

「安心出来る環境で子供の学力を効果的にアップさせたい」と考えている親御さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

中学生に人気の通信教育おすすめランキング

中学校に入学すると、すぐに高校進学を見据えた学習がはじまります。

小学生の頃は学校の授業だけまじめに受けていればテストの点数が取れていたような子供でも、中学校からはそういうわけにはいきません。

はっきり言って、中学校での授業と出される宿題だけをやっていても、テストで点数はとれません。

家庭での自主学習は必須です。

ただ、やみくもに教科書を読んでいても学力に繋がらないことは当然ですよね。

やはり学校以外での学習を効率的に行おうとするなら、何らかの『教材』は必要になってくるのです。

ここからおすすめする通信教育は、「子供のやる気を引き出して成績をアップする」ことを得意としています。

また、志望校や子供の学力に合わせた学習内容になるので、自分で選んだドリルや参考書のように「やってみたら難しくて続かない…」「1人で黙々とやるのに飽きた…」という事態にも陥りにくいので安心です。

それでは、さっそく中学生におすすめの通信教育を紹介していきます。

1.スマイルゼミ

スマイルゼミ

スマイルゼミ中学生講座の最大の特徴は、自分専用の「オーダーメイド定期テスト対策講座」「高校入試対策」を提供してくれる点です。

オーダーメイドのテスト攻略プランで不安を解消

1人1人に合わせた攻略プランがあれば、「どうすれば点数が伸びるのか」とムダに悩む必要が無くなりますし、「点数アップの為に今やるべき事」を提示される安心感は大きいです。

中学校に入学すれば定期テストが次々にありますが、点数が一旦下がってしまうと、そこからまた持ち直すのはなかなか難しい面がありますよね。

「点数が下がってしまった…もうダメだ…」と子供が落ち込んで諦めてしまわない為にも、1人1人に合わせた攻略プランがとても大切なのです。

映像授業と解説動画で苦手を克服!

スマイルゼミでは映像授業解説動画が充実しています。

まだやったことのない単元では、まずは解説動画を見て視覚的に理解をしてから学習を始めます。

また、文章や画像だけでは分かりにくい単元には講師が分かりやすく解説する映像授業が準備されています。

その他にも様々なメリットがある教材なので、実際にテストの点数を上げて希望の高校に合格出来た生徒さんがたくさんいるのです。

スマイルゼミ中学生講座のメリット
  • 教科書に準拠した9教科をタブレット1台で学習
  • 1人1人に合わせた「定期テスト対策講座」と「高校入試攻略プラン」
  • タブレットに手をついて書ける高性能デジタイザーペンを採用
  • 自分で動かして理解するアニメーション教材
  • 独自のカリキュラムでリスニング力を強化できる
  • 学年を問わず3年分約1万問のドリル教材と解説動画
  • 漢字検定に対応、2級まで挑戦できる

スマイルゼミの会費受講料(月額・税抜き)

中学1年生 5,980円〜
中学2年生 5,980円〜
中学3年生 6,980円〜

スマイルゼミ中学生講座の詳細は公式サイトで確認して下さいね。無料で資料請求できますよ。



2.進研ゼミ

進研ゼミ

進研ゼミの中学生講座では、志望校合格から逆算した高校受験対策が受けられます。

中学3年間の学習は高校受験のためにあると言っても過言ではなく、ほとんど全員の中学生が「自分の行きたい高校」に無事合格するために頑張ります。

ですから、進研ゼミのように志望校合格をゴールに見据えて3年間を通して対策を立ててくれる通信教育が効果的なのです。

進研ゼミの志望校合格率は98%以上

塾に行かずに進研ゼミの通信教育だけで高校受験をした中学生、私の周囲にもたくさんいます。

進研ゼミによると、そうした「塾無し進研ゼミのみ」で高校受験した生徒の98%が、志望校に合格しているのです。

つまり、進研ゼミさえきちんと頑張っていれば、行きたい高校に合格出来るということ。

子供の希望する高校に合格させる為にと、進学塾に高額な月謝を支払う必要なんて無いのです。

ニガテ診断と克服ドリルで点数アップ

自分ではつまづいている苦手科目が分からない時もありますが、進研ゼミでは定期的にニガテ診断があるので、「今、何につまづいているのか」を表面化させることができます。

そして、そのニガテ診断の次に克服ドリルがあるので、苦手をそのまま放置せず克服させることで、着実に成績が上がります。

中学生になるとどんどん新しい単元が出てきて「分からない、覚えられない…」とモチベーションが下がりがち。そこで諦めるのではなく、きちんと克服して強化していく学習方法はとても効果があります。

進研ゼミ中学生講座のメリット
  • 1回10~15分で終わるから取り組みやすい
  • 紙教材とハイブリット(紙教材+タブレット)が選べる
  • 子供に合わせて「今やるべき学習」をおすすめしてくれる
  • テストお助け電話サービスで教科アドバイザーに相談できる
  • ニガテを放置せずしっかり克服する仕組みがある
  • 目標に合わせた対策で志望校合格

進研ゼミの受講費(月額・税込み)

中学1年生 5,980円〜
中学2年生 6,110円〜
中学3年生 6,890円〜

進研ゼミには無料の体験教材があります。詳しくは公式サイトから確認して下さいね。



3.Z会Asteria

f:id:muhuhu:20180208175610j:plain

幼児から大学受験までの進学塾や通信教育を展開しているZ会が、「より深い学びを求める学生に向けた通信教育」として運営しているのがZ会Asteriaです。

Z会Asteriaは、受験対策や資格取得の為だけの学習ではなく、これからの社会で必要とされるスキルを身に付けることを目指した通信教育になっています。

AI技術を使って最適な学習を教えてもらえる

英語力・数学力・課題解決力にスポットを当てて、斬新な教材で学ぶことが出来るので、自宅にいながらレベルの高い学習ができます。

AI技術とビッグデータのかけあわせによる
アダプティブ・エンジンを搭載した「英語4技能講座」「数学新系統講座」のアダプティブ・ラーニングでは、次の最適な課題がリアルタイムで常に提示されます。

誰もが、自分の理解度にあわせた問題数・学習時間で、学習を進めることができます。

「今はどんな課題を学習するべきか」「取り組む時間はどれくらいかければ良いのか」について、独自のテクノロジーが最適な課題を提示

一歩先行く未来志向の家庭学習をしたい中学生にはピッタリの教材になっています。

他者との関わりの中で学べる

Asteriaならではの学習方法としては、英語のオンラインスピーキングや受講生同士のオンラインディスカッションなどを体験出来ます。

教材だけを黙々とこなすだけではないので、人との繋がりを意識しながら楽しく学習を進められるのは、他にはないメリットだと言えますね。

Z会Asteriaのメリット
  • 1人ひとりのレベルに合わせた最適な課題を提示
  • 学年やカリキュラムに縛られない学習方法
  • Z会によるきめ細かい個別添削指導
  • 映像講義、オンラインレッスン、問題演習、添削問題がiPad1台で完結
  • オンライン上で講師や受講生とふれあう時間がある

Z会Asteriaの受講料(月額・税込み)

英語4技能講座 5,907円〜
数学新系統講座 5,907円〜
総合探究講座 6,926円〜

複数の講座をセットで受講することで割引があります。

Z会Asteriaは無料体験ができますので、興味のある方は公式サイトをご覧下さいね。