▷子供が悩んでいる時に親がするべき7つのこと

共働きで子育てをするメリット|専業主婦に比べて良いことが多い?

皆さんの周りのご家庭は共働き家庭が多いですか?それとも専業の方が多いですか?

実は平成9年頃からは共働きの家庭が増え始め、今現在では兼業主婦の割合が30%近くも専業主婦を上回っているのです。

私の祖母の時代は、専業主婦が圧倒的に多かったそうです。

でも私の母が子育てをする辺りから徐々に兼業が増え始めたようで、今では共働き家庭の方が明らかに多くなったように感じますね。

そしてこれからも共働き家庭は増え続ける方向にいくのは間違いないのではないでしょうか。

共働きで子育てをすることは大変な面もありますが、メリットになることもたくさんあるのです。

こちらの記事では、共働きの子育てでメリットはどんな事があるのか?を紹介していきます。

共働きの子育ては経済的余裕がある

やはりなんと言っても、共働き家庭は奥さんの稼ぎも見込めるので経済的余裕がありますね。

なので、夫の転職など家計で大きな変動があった時にも、奥さんのお給料もある状態なので不安が少なく、イレギュラーな出費にも対応できます。

将来に備えた貯金を積み立てやすいことも大きなメリットですよね。

夫婦共に働いて入れば、それだけお金もプラスになっているので余ったお金を貯金に回すことができます。

やはり子供の大学進学に向けた資金などは小さい頃からコツコツ貯めておく必要がありますが、夫婦どちらかの収入しかないと、生活費を賄うことで精一杯になりがちです。

ですから共働きをして少額ずつでも毎月積み立てておけば、子供が私立高校から私立大学に進学など、お金のかかるコースを歩んだとしても支出面で慌てなくて済むのです。

子供の習い事や塾も月謝がかかりますから、余裕がないと子供に「やりたい」と言われてもガマンさせるしかなくなります。

せめて1つか2つくらいは習い事を経験させてあげたいなと思う時には、共働きを選択することで子供の希望を叶えてあげることができますね。

共働きすると生活が充実することも

やはり専業主婦も立派なお仕事の1つですが、共働きであれば外で働いた分の時間はお金として貰えますよね。

専業であれば、頑張って家の中を綺麗にしてもいくら掃除をしても誰かほかの人がお給料をくれたりしません。

なので最終的にお金になるという意味では、共働き家庭は毎月お金が振り込まれる嬉しさはあるので、普段は仕事に集中して子供の長期休みなどは余ったお金や貯めた分で思いっきり旅行を楽しんだり、ディズニーランドやUSJにお出かけを楽しんだりと、お金がある余裕から色々な所に旅行したり遊びに行けるので充実感は違いますよね。

普段は仕事で忙しい分、お休みの日には自分で稼いだお金で好きなお店に行って食事をしたり、服を買ったり、コスメを買ったりと自由に使う事ができます。

女性は特に欲しい商品や食べたいもの、行きたい場所にお金を使えると充実感が増すものです。

ずっと家の中で節約に励むよりは、体力的にしんどくても外で働いて収入を増やす方が性格にあっているという人も少なくないです、。

育児ストレスの気分転換になる

子育て中、子供がまだ小さい頃はどうしても家にこもりがちになります。

ですが共働きであれば、家事や育児も夫婦で分担して、お互いが家の中から離れる時間もあるので、働く時間が育児ストレスの良い息抜きになることもよくあります。

毎日毎日子育てに追われていると、中々自由に使える時間もなく子供につきっきりになってしまうのでどうしてもイライラしてしまう日もあります。

ですがお仕事をしていれば、必然的に外に出ることになるので、子供と少し離れる時間が自然にできます。

可愛い我が子ですが、やはりママもパパも同じ人間ですからストレスだって溜まりますし外の空気を吸って気分転換をしたいタイミングってあります。

そういった時に外でお仕事をしていれば、職場で他の子育て中のママさんとの情報交換も出来たり、大人同士でお話ししたり仕事をして子育てから離れる時間が出来るのでストレスが軽減されます。

子育てに疲れやストレスを感じやすい人は思い切って共働きにしてみると、意外と心が軽くなるかも知れませんね。

夫婦でお互いの理解を得られやすい

どうしてもママ側が専業だと、旦那さんに家事育児の大変さが伝わらない事もあります。

毎日家にいて時間もあるんだし、家事育児して当たり前!と思う旦那さんも実際にいますよね。

共働きであれば旦那さんがおやすみで奥さんが働いている間は子供の面倒を見ることになりますし、家事を分担することが当たり前の状態になります。

そうすると普段奥さんがやっている家の中のあれこれがどんな感じなのか、具体的に分かるようになるので、育児や家事の大変さも理解しやすくなります。

そして奥さん側も旦那さんほどの時間は外にいないとしても、外で働く大変さも実感できるので「いいなぁ…男の人は外に出ている時間が長くて」とモヤモヤしにくくなりますね。

家族で仲良くするためにはお互いに理解し合うことはとても大切ですから、共働きをすることで、夫と妻がお互いの苦労を思いやれるようになることはメリットなのです。

共働きの子育てはメリットがいっぱい

共働きで子育てをするメリットは、あげて見ると意外にたくさんありますよね。

普段自由な時間があまり取れない分、お休みの日や家族みんなが揃ったタイミングで大きなお金を使えたり、旅行に行ったり思う存分楽しめるメリットも沢山あります。

子供にかけられるお金の範囲も広くなりますから、将来の選択肢を増やすことにも繋がりますね。

これからは共働き家庭がどんどん増えてくる時代と言われているので、ぜひ今から働こうかな…と考えている人はこの記事を参考にしてみて、共働きはメリットも沢山あるよ!と知っておいて貰えたら嬉しいです。

https://www.kosodate-chiebukuro.com/entry/tomobataraki-sindoi