生活

子供におすすめのノンケミカル日焼け止めまとめ|敏感肌でも安心して使える!

日焼け止めを塗って外遊びする子供最近は紫外線の悪影響に注目されるようになったこともあり、子供でも日焼け止めを塗ることが増えています。

ただ、子供は皮膚も薄くて敏感肌の子も多いため、「日焼け止めなら何でも使って良い」というわけにはいきません。

きちんと選んで使わないと、紫外線の悪影響を防ぐどころか、日焼け止めにかぶれて肌にダメージを与えてしまうことも…。

こちらの記事では、子供でも安心して使えるノンケミカルの日焼け止めの中から、特におすすめの商品を紹介します。

子供に日焼け止めを塗る時の注意点なども合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ノンケミカル日焼け止めは普通の日焼け止めと何が違うの?

よく日焼け止めのパッケージに、「ノンケミカル処方」と書かれている物がありますよね?

皆さんはノンケミカルが何かご存知ですか?

まずノンケミカルとは、「紫外線散乱剤」が含まれているものを指す名称です。

日焼け止めには2種類あって、紫外線吸収剤(ケミカル)紫外線散乱剤(ノンケミカル)があります。

この2つでは何が違うかと言うと、紫外線吸収剤(ケミカル)は肌の上に塗った日焼け止めがそのクリームの中に紫外線を吸収できるようになっており、日焼け止めクリームの下にある肌には紫外線を入れさせないように出来ています。

反対に紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めは、日焼け止めクリームが鏡代わりのようになり、紫外線を跳ね返し拡散して日焼けさせないようにしている物です。

簡単に説明をしましたが、どちらの方が子供のような敏感な肌には良いのか…と聞かれると、「ノンケミカル」と表記されている日焼け止めの方が、肌への負担が少なく刺激にならずに、肌トラブルを回避出来るので安心して使えます。

ノンケミカル日焼け止めが子供におすすめの理由

紫外線カットの効果では紫外線吸収剤(ケミカル)の方が上なのですが、クリームの中へ吸収された紫外線を特殊なエネルギーに変えて化学反応を起こす際に、副作用が起きやすいと言われています。

痒くなったり、赤くなったり刺激が強い為か、子供のような敏感な肌には負担が大きいとされています。

そこで、子供にはノンケミカルの日焼け止めをオススメしています。

特に敏感肌でかぶれやすい子供なら、ケミカルを使うのは避けておいた方が良いでしょう。

子供におすすめ!ノンケミカル処方の日焼け止め3選を紹介

店頭に行くといくつもの日焼け止めが並んでいて、どれを使えば良いのか分からないママも多いですよね…。

今回は、いくつかあるノンケミカル処方の日焼け止めの中から、子供にオススメしたい日焼け止めを3つ紹介したいと思います。

1.ニベアサンプロテクト ウォーターミルクマイルド

  • SPF:50
  • PA:+++

パッケージにも書かれている通りに、「紫外線吸収剤」が配合されていない、ノンケミカル処方の日焼け止めです。

ノンアルコール、無香料、無着色なので肌にも優しくジェルになっているので、伸びもとても良いです。

簡単に石鹸などで落とせるのも、ママにとっては安心ですよね!

2.ロート製薬 サンプレイベビーミルク(メンソレータム)

  • SPF:34
  • PA:+++

こちらもノンケミカル処方になっています。

夏になると、ドラッグストアにはこのシリーズが沢山店頭に並びますよね。

子育て中のママが毎年買っているということは、それだけ安心感のある日焼け止めだと感じます。

ノンケミカルで肌に刺激は少ないのに、ウォータープルーフとなっているので、外のお出かけやレジャーにとてもオススメです。

海やプールにお出掛けする時に便利ですね。

3.和光堂 ミルふわ ベビーUVケア

  • SPF:21
  • PA:++

こちらはベビー用品では昔からお馴染みの和光堂さんから発売されているミルクタイプの日焼け止めです。

ノンケミカル処方で伸びも良く、パウダーが配合されている為塗った後ベタベタしません。

そして保湿成分、潤い保湿成分配合なので乾燥しがちな子供の肌にも安心して使えます。

こちらも手軽に石鹸で落とせるので、肌の摩擦などの心配もいらなくて日常使いにはとても活躍しますね。

子供の日焼け止めの塗り方のポイント

日焼け止めの塗り方として多くの人が間違っているのですが、実は日焼け止めは化粧水と違って肌に浸透しやすいので、手のひらで伸ばしてから塗るのではなく直接手にとったら肌にすぐのせて塗っていきます。

子供の顔にもおでこ、頬、鼻、顎などにポンポンと何箇所か置いていきそれをムラ無く丁寧に伸ばしていきます。

腕や足なども直接日焼け止めをのせて、しっかり塗って行きます。

その際量をケチらずにたっぷり使って、密着させていきます。

日焼け止めを塗る時に意外と忘れがちなのが、首。

子供の首も太陽の強い紫外線を受けやすく気づけば黒くなっているので、しっかり首も塗っていきます。

あと日焼け止めは汗をかくと一緒に流れてしまうので、外出する際はこまめに塗り直せるように持ち歩きましょう。

1時間に1度は塗り直せるとベストです。

子供の日焼け止めの落とし方の注意点

次は日焼け止めの落とし方ですが、子供用の日焼け止めはわりとお湯や石鹸で落ちやすくはなっています。

ですが、肌に少しでも残った状態を避けたい為、夜お風呂に入るタイミングで顔は特に、しっかり泡立ててくるくると円をかきながら落としていきます。

敏感肌の子供だと日焼け止めの成分が少しでも肌に残ると、それが汗や皮脂と混ざってひどいかぶれや発疹を起こしてしまうこともあります。

ノンケミカルは石けんで落とせますから、まずはいつものように身体を洗って、そのあとに顔や耳の後ろなどは手のひらで丁寧に洗ってあげてください。

最後はシャワーでしっかり流すことも忘れずに。

肌が乾燥しやすいお子さんには、お風呂上がりに保湿剤を塗ってあげましょう。

敏感な子供の肌のためにノンケミカル日焼け止めを選んで下さい

子供の肌は大人よりも薄く敏感で荒れやすいです。

その為、日焼け止め選びでは配合されている成分にも気をつけて選びたい所ですよね。

子供の肌の負担を考えて、紫外線吸収剤がフリーの「ノンケミカル処方の日焼け止め」をお使いすることをお勧めします。

先ほどオススメした3つの日焼け止めは大手メーカーで安心して使えますから、お子さんの肌に合わせたものを選んでみてくださいね。