口コミ体験談

インフルエンザの高熱で熱性けいれんに…看病で気を付けたこと

f:id:muhuhu:20180303180656j:plain

先日5歳の息子がインフルエンザにかかりました。

インフルエンザといえば、あの、鼻に綿棒をつっこむ検査。すごく痛いので、嫌がる子どもも多いですよね。

でも、うちの子の場合、インフルエンザの検査はしなくて良かったのです。

熱は急激に上がり…

その日は、幼稚園から帰宅後の夕方頃から「頭が痛い」と言い始めました。

最初は様子を見ていたのですが、「座っているのもしんどい」ということで、横にならせて熱を測ると37.5度でした。

幼稚園でもインフルエンザが流行っていたので「もしかすると…」と思い、一応すぐに隔離しました。

その後夜には39.8度まで上がり、夜中には40.2度まで上がりました。

トイレに行くにもふらふらしていて、「一人では危ないな」と思い、ずっとつきっきりでした。

その後、熱性けいれん、頭痛と鼻水、咳という症状があらわれ、「体の節々が痛い」「関節もすごく痛い」と…

インフルエンザの症状の中でも熱性けいれんは、親としてすごく心配しました。

幸いすぐにおさまったので良かったのですが、その時は「すぐに病院に言った方が良いのかな」と焦りました。

病院では検査をせずに「インフルエンザ」と診断された

かかりつけの小児科での診察、子供の喉や目を見て、インフルエンザの検査もせずに「インフルエンザですね…」と言われました。

まあ幼稚園でも流行していましたし、症状がインフルエンザでしたから、すごく分かりやすかったのだと思います。

熱性けいれんのことは、急な高熱だったからで、すぐにおさまったなら心配は無いとのことでした。

お医者さまからは、「ご飯が食べられないのであれば無理には食べさせなくていい」「飲み物だけでもいいので脱水症状にならないように」と、アドバイスをいただきました。

お薬はタミフルをもらって帰りました。

病院に行ってからも、3日くらいは辛い状態。時間が経つとともに熱は下がっていくのですが、それとは逆に鼻水や喉、咳の症状などがひどくなっていたように思います。

完治までは6日くらいかかったのですが、「咳と鼻水はずっと続いていたな…」という印象でした。

仕事を休んで看病するのは大変…

うちは共働きで、私は普段仕事をしているのですが、インフルエンザの時だけは休んで付きっきりで看病をしました。

子どもの病気を理由に仕事を休むと影で何を言われるか…少し不安になりますが、まだ5歳ですしインフルエンザだと仕方ないですよね。

インフルエンザは異常行動の心配もあって、休む期間は長くなりますが、その辺は理解してもらいたいと思います。

寝るときも添い寝していましたが、また高熱でけいれんが出ないか、本当に心配しました。

熱が上がりすぎないよう、解熱剤や冷えピタを使いながら、落ち着いて寝れるように看病していました。

肺炎も心配なので、お部屋の加湿にも気を配って。

そのせいで私はかなり寝不足になってしまいましたが…

苦労したのは食事のことで、どうしても食欲がわかないと言うので、ゼリーやおかゆを少しずつ食べさせていました。

あと、ポカリはずっと枕元に常備して脱水症状にならないように気を付けました。

やっぱりインフルエンザは普通の風邪とは違って症状が重く、治るまでに時間もかかるので、親としてはとても大変な病気だなと再認識しました。