小学校

小学生の防犯グッズ|不審者対策でおすすめの種類と選び方のポイント

幼稚園や保育園時代は親子で登園、降園なので安心でしたが、小学校に入った途端に子供は親と離れて学校に通い始める為、安全面で心配なことが増えますよね。

特に最近では不審者情報も次々に出ており、昔よりも危ないことが多くなってきました。

そこで、やはり何かあった時の為に防犯グッズは絶対に必要になります。

とはいえ、お店には沢山の防犯グッズが売られており、種類もたくさんある為、どんな物を選べば良いのか迷いますよね…。

そこでこちらの記事では「小学生向けの防犯グッズはどんな種類があって、どんな物を選べば良いのか?」を解説して、登下校時の防犯対策に参考にして頂けるように紹介していきます。

小学生の登下校時におすすめ!『防犯グッズ』の種類と使い方

防犯ブザー・防犯ベル

小学生の防犯グッズで一番定番なのが「防犯ブザー」です。

実際に小学校へ私の子供が入学した時も、学校から配られたりしました。

今はそのように入学時にプレゼントする学校も増えているようです。

ほとんどの防犯ブザーは、ランドセルの前部分のフックなどに紐で付けられるようになっています。

ボタンを押したり、下へ紐や本体を引っ張るだけで大音量で警告音が鳴るので、すぐに周囲に気付かせることができるのです。

店頭に行くと色んなデザインの防犯ブザーが置かれていて、女の子の防犯ブザーはハート型でとっても可愛かったり色々迷うかもしれません。

出来れば、デザインよりも子供が実際に緊急なことが起こった時に、慌てていても引っ張りやすく、ボタンなら押しやすい物を選ぶことが大切です。

ボタンが分かりづらかったり、押しにくい、紐も力を入れないと引っ張れないなど子供が操作しづらいものは、緊急事態が起きたときのパニック状態では更に操作しづらくなります。

ネットで買うのも良いですが、可能であれば店頭へ行って子供が鳴らしやすく、音が大きく鳴るものを確認しながら選ぶことが大切です。

防犯ブザーの使い方を子供に教えておく

最近外を歩いていると、下校中の小学生が遊びの延長で何もない時に引っ張ってしまってよく鳴らしているのを目にします。

何もない時に頻繁に鳴らしていると、本当に緊急事態が起きていて助けて欲しい時にも、「いつもの事か」と緊急なのか遊びで鳴らしているのか分からなく判断しづらくなってしまうので、親御さんがきちんと緊急以外で鳴らさないようにと徹底して教えることが重要です。

防犯ブザーは必ずランドセルの肩紐の前部分につけ、一瞬で手で操作出来る位置につけておきましょうね。

安全笛

こちらも小学校へ入学した時に配られる学校も多くなりましたが、「安全笛」です。

文面の通り、口をつけて息を入れると「ピーッ」と大きな高い音で笛が鳴ります。

やはり緊急事態が起きてしまった時は子供はどうして良いのかパニックになってしまい、声を出すことも出来ない事があります。

そうなった時に自分の声代わりに笛を吹き、高い音で周囲に何か起きていることを知らせる事が出来ます。

こちらもランドセルの肩紐の前部分につけるように指定されています。

防犯ブザーと同じく、遊びの延長で鳴らしている子を目にしますが、それだと本当に何か起こっていても「また遊びで誰か鳴らしているのかな」と思われてしまいます。

本当に危険が起こっている時に助けて貰えなかったら身も蓋もありません。

絶対に緊急以外は鳴らさないように子供に言っておきましょう。

キッズケータイ

小学校入学と共にキッズケータイを買う家庭も多いですよね。

キッズケータイはその携帯に登録されている番号以外にはかからない設定になっているので、パパやママなど本当に必要な人にすぐかけられるので便利ですよね。

キッズケータイには「防犯ブザー」もついていて、丸いストラップのような物が先端についていて、それを引っ張ると紐が伸び大音量でブザーが鳴るようになっています。

そして設定すれば、ブザーが鳴った瞬間にGPS機能で親のケータイにも自動的にメッセージが送信されるシステムになっているので、どこの位置で子供が危険に合っていると親もすぐに確認できます。

他にもキッズケータイは水で濡れても大丈夫だったり、落としても壊れづらかったり耐久性にも優れているので、荒っぽい動き方をする小学生でも安心出来ますね。

小学生の防犯グッズ選び方のポイント

数ある小学生向け防犯グッズ、どれが効果的で1番良いのか分かりづらいですよね。

選び方のポイントとしては、「子供が万が一の緊急事態にパニック状態でも操作しやすい」ということが第一条件になってきます。

お子さんの性格に合わせて、防犯ブザー、笛、キッズケータイの中で1番瞬時に扱える防犯グッズを選ぶのが良いでしょう。

ただ、ほとんどの小学校では、ランドセルの肩紐の前部分に背負ったまま操作出来るように「防犯ブザー」と「安全笛」の2個をつけるように指定されています。

防犯ブザーは下へ引っ張ったり、ボタンを押すだけでずっと鳴り続けてくれるのでその状態で更に安全笛を鳴らせば、音もより大きくなり遠くまで危険を知らせることができます。

うちの子供たちの場合は、2個を肩紐の左と右にそれぞれつけています。

キッズケータイを持ち込み禁止にしている小学校もある

キッズケータイは色々な機能がついていて便利ですが、学校側はその持ち込みを禁止している所も多いです。

やはり持っている子を見ると他の子も欲しくなったり、ケータイを紐部分にはつけられないので、もし持ち込みOKの小学校でも「同級生には見えない所に隠しておいてね」と言われてしまうことも。

しかしそれだと、緊急なことが起こった時にランドセルからわざわざ取り出さなければいけなく、使い勝手が悪いですよね。

咄嗟に手の届く場所になければ意味がないので、キッズケータイをしまっておく決まりがある小学校の場合には、防犯効果はあまり期待できないです。

なので、1番は「防犯ブザー」と「安全笛」の2個をランドセルにつけておくと安心です。

そして出来るだけ大きい音が鳴るものを選びましょう。

大きい音かつ、子供が一発で鳴らせるような扱いやすい物を選びましょう。

子供にとって使い勝手の良い防犯グッズを選ぼう

とにかく子供は不審者などに出くわしてしまってもパニック状態になり、焦ってしまいます。

そのような状況でも一瞬で扱えるような防犯グッズを選ぶことが大切です。

注意点としては、防犯ブザーは電池式のため、忘れがちですが定期的にブザーが鳴るかどうかをきちんと確認しておいた方が良いです。

いざという時に電池が切れていては意味がないですからね。

今の世の中は不審者などの危険が沢山あり、親から離れてしまうと子供自身で出来る限り身を守れないといけません。

グッズをつけているだけではなく、普段から忘れないように練習しておくのも必要ですね。

我が家では、学期のはじまりごとに防犯ブザーと安全笛を鳴らす練習をさせています。

ご近所迷惑になるので、しっかり戸締まりした後に一瞬だけ鳴らすだけですが、それでもしないよりは全然マシです。

先ほど挙げたポイントをぜひ参考にして、子供を守れる防犯グッズを選んであげてくださいね。