子育てと学校

家庭訪問は玄関先でOK!お茶だけ用意しておきましょう

f:id:muhuhu:20180507121841p:plain

こんにちは、育児カウンセラーのmihokoです🌸

春になり新年度が始まると、子供の学校の家庭訪問に心を悩ませる親御さんも多いのではないでしょうか?

私が行なっている育児カウンセリングの中でも、「どういう風に担任の先生をおもてなしすれば良いのか分からない」と相談されるお母様がいらっしゃいます。

新しく我が子を受け持ってもらう担任の先生。

「できるだけ好印象を持ってもらいたい!」と、思ってしまいがちですが、先生は家庭訪問で「おもてなし」なんて期待していません。

ですから、そんなにお母様が悩む必要は無いのです。

先日の記事にも書きましたが、学校が家庭訪問を行なう理由は大きく分けてこの2つだけ。

  1. 児童・生徒の自宅周辺の地理的状況を把握する
  2. 家庭の中に何らかの問題が隠れていないか確認する

ですから、先生は家庭訪問でどんな応対がされたかなんて、1つ1つ覚えていません。

普通に先生を迎えてお話しするだけで、他には何もする必要はありませんし、気を使わなくても大丈夫なのです。

家庭訪問に関する質問の中で多いのが、先生を家に入れるべきか…お茶やお菓子を出すべきか…という心配事。

これについては正解はありませんが、私の経験から感じていることをアドバイスさせていただきますね。

家庭訪問は玄関先で大丈夫!

まず、家庭訪問で自宅に来た担任を家の中に入れるかどうか…

これについては、ほとんどの親御さんが悩んでいるようです。

掃除が大変だから出来れば玄関ですませて帰って欲しいけれど、マンションなどの狭い玄関だと担任に失礼ではないか…と、心配になることもありますよね。

結論から言うと、家庭訪問は玄関先で大丈夫です。

私の知り合いの複数の教職員に確認しましたが、みんな「玄関先で良い」と言っていました。

担任は何も子供の家の中に興味があって訪ねて来ているわけではありませんから、特別な事情が無い限りは玄関ですませてしまって問題ありません。

玄関では不適切になる場合も

基本的には家庭訪問は玄関先ですませて大丈夫ですが、お子さんに関して担任にしっかりと伝えておきたい心配事があったり、学校生活の中でお子さんが悩んでいるようなことがある場合には、玄関先は不適切ですからお家の中にお招きしましょう。

また、事前にプリントで「勉強部屋を見せて下さい」などと連絡があった時には、玄関先ですますことは無理なので諦めて先生を迎え入れるようにしてくださいね。

家庭訪問でお茶やお菓子を出すべき?

家庭訪問で先生にお茶やお菓子を出した方が良いのか…というのも、悩ましい問題ですよね。

これについては、「担任の先生を労うためにお茶くらいは出してあげたい」という人もいれば、「どうせ飲んだり食べたりしないんだから出さなくても良い」という考えの人もいます。

私自身の経験を振り返ると、一応お茶とお茶菓子は出すようにしていました。

ただ、お茶は飲んでもお茶菓子に手をつける先生はいませんので、あまり深く考えず、形だけのつもりでお茶に添えていましたね。

子供が中学生くらいからは、私と先生が話している間にお茶を淹れて持って来させたりしたこともあります。

そうすると先生も喜んでくれますし、子供との距離が少し近くなるような気がしました。

限られた短い時間で行なう家庭訪問。

先生としては、1件1件じっくり話し込むことも無理ですし、「玄関先で軽く談笑して、お茶を一口いただいて帰る」というのが、一番ラクなのではないかと思います。

家庭訪問への苦手意識を払拭しよう

新年度が始まったばかりで、ほとんど何も知らない初対面の先生が家庭訪問に来るというのは、親にとって気が重いイベントであることは間違いありません。

でも、あまり深刻に考えずに軽く受け流すことで苦手意識は払拭することができます。

「家庭訪問が嫌だな…面倒だな…」と悩んでしまう人は、行動をパターン化してしまえば気持ちは軽くなります。

行動をパターン化してストレスを軽減する

先生が家に来た時の言葉、行動、玄関先のどの位置で話すか、お茶とお菓子は出すか、出すならどんな言葉かけるか…など、1つ1つをパターンにして固定してしまいましょう。

そうすると、その場その場でいちいち考えたり悩んだりしなくて良いので、心の負担は今よりも軽くなるはずです。

「どうしよう…」と悩まずに、「こうしよう!」と決めることで、ストレスはかなり軽減できるものですよ。

こちらの記事もどうぞ

www.kosodate-chiebukuro.com